「超微細孔式ウルトラファインバブル発生装置」のレンタル事業を行っております。

 

“ウルトラファインバブル”とは
今までは「ナノバブル」とひとくくりにされていた微細気泡を、2013年に国際標準化機構により、気泡のサイズによって「ファインバブル」と定義され二種類の規格に統一されました。

気泡のサイズが1㎛~100㎛のものは「マイクロバブル」と呼ばれ、これより気泡が小さい数十㎚~1㎛のものが『ウルトラファインバブル』と呼ばれます。

当社の扱う『超微細孔式ウルトラファインバブル発生装置』は、シンプルな構造で騒音も無く扱いやすい装置です。小型から大型まで使用状況に合わせた装置をご提案させていただいております。

 

参考サイト:「ファインバブル学会連合」 http://www.fb-union.org/

 

お問い合わせ

保存

保存